トップ / ニキビに良い食べ物と悪い食べ物

ニキビ肌に自然派コスメ

ニキビに良い食べ物と悪い食べ物

ニキビに良い食べ物、悪い食べ物

ニキビを改善させるにあたっては、食生活を改善させることも重要になってきますね。ニキビを改善し、ニキビができることを予防するためには、食生活においてどんなことに気を付けていけばよいのでしょうか。

ニキビを改善させるためには、ビタミンやミネラルが多く含まれている食べ物を摂取することが重要です。特に、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6の3種類のビタミンは、ニキビ肌を改善させ、さらにニキビを予防するために必須となる栄養素だと言えるでしょう。

ビタミンAには、皮膚の乾燥や色素沈着を防ぎ、肌を健康的に保つ作用があります。ビタミンAを多く含む食材としては、レバー、ウナギ、アナゴ、バター、卵黄などが挙げられます。ビタミンAは意外と動物性の食品から多く摂取することが出来るということですね。

ビタミンB2には、ニキビの直接的な原因となる皮脂の分泌を抑制する働きがあります。ビタミンB2を多く含む食材としては、レバー、ウナギ、サバ、納豆、マイタケなどが挙げられます。

ビタミンB6には脂肪分の代謝を活性化させ、内臓脂肪を溜め込まないようにする作用があります。ビタミンB6を多く含む食材としては、ニンニク、マグロ、レバー、アジ、サンマなどが挙げられます。

これらのことを総合すると、レバーには肌の状態を改善する成分が多く含まれていることが分かりますね。レバーが苦手という方は多いかと思いますが、肌の状態が気になる方は思い切って積極的に摂取するようにすると、肌トラブルから解放されるのではないでしょうか。

逆に、肌の状態を悪化させてしまう食べ物としては、塩分、油分、糖分が過剰に含まれているものが挙げられます。ファーストフードや外食、それに加工食品全般に加えて、炭水化物の過剰摂取もなるべく避けた方が良いでしょう。また、食品添加物もニキビの原因となりますので、そういった部分からもファーストフードや外食は控えておくべきだと言えますね。

まずは外食や加工食品に頼らず、家できちんと料理をして、バランスよく前述したビタミンを摂取する食生活を心がけることが、ニキビ改善の第一歩となるのではないでしょうか。